耳鳴り 対策 原因 症状 治療

耳鳴り対策 サイトの概要と説明

スポンサーリンク

耳鳴りとは耳の中で音が聞こえる状態のことをいいます。
耳鳴りにも様々な種類があります。
『ゴー』『ボー』などの低い音、逆に『キーン』『ポー』などの金属音などの高い音、更には『ドクンドクン』『ポコポコ』『カサカサ』などの様々な耳鳴り音がします。
また、耳鳴りは頭の中で鳴っているように聞こえる場合もあります。
耳鳴りの多くは片方に起こることが多いですが、稀に両側に起こる場合があります。
両側で起こった場合、両側で同じような耳鳴りがあるとは限りません。
音が違ったり、大きさが違う場合があります。
耳鳴りは、めまいや難聴とセットに現れてくることが多い病気です。
原因は詳しく分かっていないのですが、主に血圧、脳や血管の病気、騒音、ストレスが原因であることが多いようです。
耳鳴りは本人しか聞こえていないし、見た目には何も変化していないので、他人には本人の苦労が伝わらないのがこの耳鳴りという症状なのです。

スポンサーリンク

【耳鳴りの人の割合】
高齢者にとって耳鳴りや難聴は比較的なる可能性が高い病気です。
耳鳴りは50〜60代の男性の方がなりやすい病気と言われています。
しかし最近では30〜40代の主婦層の方の割合も増えているといわれています。
小さい子供は耳鳴りがあっても、それが普通だと思っているケースや
成人してもこれは普通のことだと思っている人も多く、
実際にはどのくらいの人が耳鳴りで悩んでいるのか分かりません。
【耳鳴りと難聴】
耳鳴りと難聴は一緒になることが多いです。
難聴はハッキリとした自覚症状がないので、医師に指摘されるまで分からないケースも多いようです。
難聴は、話し声や物音が聞こえずらくなる症状です。
難聴がひどくなると、電話が鳴っているにも関わらず、そのまま気づかないで
生活に支障をきたしてしまう場合もあります。
聞こえにくいので、話を何回も聞きなおしたり、テレビの音を上げたりします。

耳鳴りを少しでも緩和させたい人はこちら

 

スポンサーリンク