耳鳴り 音響外傷 治らない

音響外傷による耳鳴りは治らないの?

スポンサーリンク

今回は音響外傷による耳鳴りは治らないの?というテーマで話していこうと思います。
音響外傷による耳鳴りは治らないのでしょうか?みていきましょう。
音響外傷という病気は若い人に多いとされています。
治りづらい病気の一つとされています。
なかなか治りづらい音響外傷と耳鳴りについて話していきます。
イヤホンで大きな音で音楽を聴いたり、コンサートやライブが好きな方が発症しやすい病気です。
睡眠不足やストレスや疲労が溜まっている状態で大きな音楽などを長時間聴くと起こるといわれています。

スポンサーリンク

コンサートやライブが好きだからといって、疲労が溜まっている状態で行くと、音響外傷になる可能性は高くなります。
症状としてはめまい、耳鳴りや耳が詰まった感じやこもったような感覚になります。
めまいの症状もあるため、転倒する危険性もあります。
もしも大きな音を聴いたりやコンサートやライブに行った後に、そのような症状が出たら対策をしましょう。
対策とは耳栓をすることです。
耳栓をすることで、外部からの音を一時的にシャットアウトできるのです。
大音量の音楽等を聴いていると、自分が思っている以上に耳を酷使されている状態になっています。
鼓膜がそれだけ多く振動しますので、鼓膜が疲弊していて、敏感になっているのです。
耳栓はその多く振動している鼓膜を休ませる効果があります。
しかし耳栓をしても状態が良くならなかったり、症状が出続ける場合は病院を受診しましょう。
以上、音響外傷による耳鳴りは治らないの?についてでした。

耳鳴りを少しでも緩和させたい人はこちら

 

スポンサーリンク