耳鳴り 低音 響く

低音の耳鳴りでボーンと響く時

スポンサーリンク

今回は低音の耳鳴りでボーンと響く時というテーマで話していこうと思います。
低音の耳鳴りでボーンと響く時はどんな状態なのでしょうか?みていきましょう。
低音の耳鳴りがボーンと響くのは『急性低音障害型感音難聴』の可能性が考えられます。
この症状は耳の中に水が入ったように感じたり、耳が詰まったようにこもった感じに聞こえたりします。
決して、全く聞こえなくなるということはありません。
今よりさらに聴力が落ちると『ゴー』や『ザー』と聞こえたり、人の足音のような音『ボンボン』と聞こえる様になったりします。
原因は肉体的なストレスや精神的なストレス、慢性疲労や睡眠不足、風邪等の体調不良とうで発症することが多く、最近では共働きも多くなり、女性のストレスも多くなってきています。
特に子育て中のお母さんや妊娠中のお母さんも割合的には多くなってきています。

スポンサーリンク

次は急性低音障害型感音難聴の予防や対処法について話していこうと思います。
自分で予防できるとしたら、ストレスや疲労を取ることです。
現代はストレスが溜まりやすい時代です。
あなたが決して悪いということではありません。
しかしストレスをそのまま直接受け続けていると耳鳴り等の病気になってもおかしくありません。
なので、ストレスは誰もがあるので、上手に流したり、対処したり、他人は変えられないので、自分の考え方、物事の捉え方が重要になってきます。
例えば誰かが遅刻してきてしまった、イライラする。
ではなくて、遅刻してきた、じゃあ他の出来ることをしよう。
このようにある物事に対して、自分にとってプラスになる考えと行動を起こすのです。
そうすることによって、ある人にはストレスに感じることも、ある人には全く感じず、自分の好きなことが出来た。
と前向きに捉えることが出来るのです。
捉え方を変えると全てのストレス因子に対して対応が出来るようになります。
他には運動や睡眠時間を確保したり、好きなことをしてストレスを発散して行きましょう。
それでも耳鳴りが治らない場合は一度病院を受診されることをお勧めします。
以上、低音の耳鳴りでボーンと響く時についてでした。

耳鳴りを少しでも緩和させたい人はこちら

 

スポンサーリンク