耳鳴り 筋肉 緊張

耳鳴りは筋肉の緊張で起こっている場合も?

スポンサーリンク

今回は耳鳴りは筋肉の緊張で起こっている場合も?というテーマで話していこうと思います。
耳鳴りは筋肉の緊張で起こっている場合もあるのでしょうか?みていきましょう。
まず耳鳴りとは、周りに音が出ていないにもかかわらず、自分にだけ『キーン』や『ボー』といった音が聞こえるものです。
自分にだけ聞こえるものを特に『自覚的耳鳴り』といいます。
色々な場所や人が様々な研究をしていますが、未だに原因が不明で治療も完治できるものできないものがあります。
しかし、一説には耳の神経の一部が何らかの原因で活性化されてしまっているため耳鳴りの症状が出てしまっていると考えられています。
夜中の公園など静寂な環境や朝起きた後なんかに起こりやすいといわれています。

スポンサーリンク

そして、自分以外の第三者の人にも聞こえる耳鳴りを『他覚的耳鳴り』といいます。
耳鼻科にある専用の機械を使うと、患者さんが聞こえている耳鳴りを第三者の人も聞くことができるのです。
しかし、これは耳の周りにある筋肉が緊張していたり痙攣を起こして、聴神経に影響があって聞こえる耳鳴りの場合です。
他には耳の周りの血液が流れる音が聞こえたりすることもあります。
耳鳴りの治療法は数多く研究されていますが、未だに明確な治療法が確立されているわけではありません。
また、原因は人によって様々ですので、一人一人細かく検査や診断をしていかなければなりません。
その原因をつきとめることができれば、最適な治療を受けることができ、回復が早くなるかもしれません。
一番ポピュラーな治療として薬物療法があります。
筋の緊張が原因であれば、筋弛緩剤などが処方されます。
ストレスや耳鳴りが気になって眠れないという方には抗うつ薬や抗不安薬が処方されます。
精神的ストレスが大きい場合には、心療内科などのカウンセリングを受けていただくこともあります。
さらに、耳鳴りとは別の音を微量流すことによって耳鳴りの音を気にさせなくするような対処をする場合もあります。
以上、耳鳴りは筋肉の緊張で起こっている場合も?についてでした。

耳鳴りを少しでも緩和させたい人はこちら

 

スポンサーリンク