耳鳴り 左耳 キーン 原因

左耳がキーンとする原因は?

スポンサーリンク

今回は左耳がキーンとする原因は?というテーマについて話していこうと思います。
左耳がキーンとする原因は一体どんな原因が考えられるのでしょうか?みていきましょう。
まず耳鳴りというのは聴こえるはずのない音が聞こえてしまう症状のことをいいます。
だいたい人口の10〜15パーセントの人が耳鳴りを経験したことがあるようです。
音の種類も様々で今回扱う『キーン』や『ピー』、中には『ボー』や『ドクンドクン』といったものまであります。
そして左耳にキーンとした音が聞こえる原因として一番考えられるものが『老人性難聴』というものです。
これは歳をとって老化が原因で、主に高い音の『キーン』という音が聞こえるのが特徴です。
これは場合はどうしようもない部分もあるので割り切って考えることも必要です。

スポンサーリンク

次に考えられるのが『突発性難聴』です。これは年齢に関係なく、若い人から老人まで誰でもかかってしまう可能性があるものです。
文字どおり突発に起こるもので、性別等の差もありません。
この『突発性難聴』は原因が不明で解明されていません。
ストレスが一番の引き金になっているのではないかといわれてはいますが、定かではありません。
しかし、この『突発性難聴』を放置しておくと治り難いということも言われています。
他には、『顎関節症』『自律神経失調症』『腫瘍』『梗塞』等の原因も考えられます。
顎のゆがみが耳鳴りに影響したり、ストレスによる自律神経で耳鳴りを感じたり、脳の腫瘍や梗塞で圧迫され、その圧迫音が聞こえるといった感じです。
耳鳴りが一時的でなく長期的に起こっている場合は病院に行った方が賢明かもしれません。
以上、左耳がキーンとする原因は?についてでした。

耳鳴りを少しでも緩和させたい人はこちら

 

スポンサーリンク