耳鳴り 原因 脳梗塞

脳梗塞や脳腫瘍が原因で耳鳴りがする可能性も…

スポンサーリンク

今回は脳梗塞や脳腫瘍が原因で耳鳴りがする可能性も…というテーマで話していこうと思います。
脳梗塞や脳腫瘍が原因で耳鳴りがする可能性もあるのでしょうか?詳しくみていきましょう。
現代はストレスが多く、日常的に起こる耳鳴りではありますが、実は厄介な症状でもあります。
キーンやゴーといった高い音から低い音まで聴こえる様々な耳鳴りは、私たちが日常生活をおくる上で、不快感を与える一因となります。
しかし耳鳴りがしてもほとんどの人は興味がなかったり、大丈夫だろうと、放置をしたり、仕事や趣味に没頭してやり過ごしている人が多いのではないでしょうか?
耳鳴りが起こる原因は様々ですが、特に原因がなくても起こる場合があります。
しかし、中には生命を脅かす耳鳴りもあります。
長く続く場合、疾患が進行している場合もあるので、注意をして観察する必要があります。

スポンサーリンク

耳鳴りが起こる原因の一つとして、脳梗塞や脳腫瘍があります。
脳梗塞とは、動脈硬化や高血圧によって徐々に血管が硬くなり、血栓が血管に詰まって脳に十分な血液が運べなくなった状態をいいます。
その状態になると、激しい頭痛や吐き気、めまい立ちくらみ、耳鳴り、手足のしびれや麻痺といった様々な症状が出てくる可能性があります。
一方脳腫瘍は、腫瘍には良性のものと悪性のものがありますが、どちらも耳鳴りを発症する可能性があります。
良性の場合は聴神経の付近に腫瘍ができた場合、その腫瘍が神経や耳の器官を圧迫して、耳鳴りが起こる場合があります。
悪性の場合もこのように圧迫する可能性の他に、耳の周辺の血管や神経に浸潤をして、耳鳴りや耳が聞こえなくなったり、頭痛や目が見えなくなったりする可能性もあります。
なので、症状が長い場合は軽く見ないで、速やかに耳鼻科にいき、検査をしてもらいましょう。
以上、脳梗塞や脳腫瘍が原因で耳鳴りがする可能性も…についてでした。

耳鳴りを少しでも緩和させたい人はこちら

 

スポンサーリンク