耳鳴り 原因 症状

耳鳴りの原因と症状とは?

スポンサーリンク

今回は耳鳴りの原因と症状とは?について話していこうと思います。
耳鳴りは一つの症状であり、症状自体が病気ということではない。
耳鳴りはよくある症状で、10〜15%の人は何らかの耳鳴りの症状を経験している。
耳鳴りとは身の回りに音源がないにもかかわらず、音を感じている症状で、音の大きさや聞こえる種類も個人差がある。
耳鳴りの原因は詳しく分かっていないが、耳鳴りと同時に難聴を伴っているケースが多い。
さらに耳鳴りと同じような音域や種類の音が聞こえずらくなる難聴が起こる場合もある。
耳鳴りが難聴の原因になっているケースもあります。
耳鳴りは大きく分けて三種類あります。
1、他覚的な耳鳴り。2、生理的な耳鳴り。3、病的な耳鳴り。の三種類である。
1、他覚的な耳鳴りとは耳の周りの関節や骨の音、血管の血流の流れなどが本人はもちろん他人にも聞こえるもので、聴覚の異常ではなくその周辺の異常によるものである。
2、生理的な耳鳴りとは例えば防音室や夜静かなところに行くと『シーン』と鳴るが、これのことである。
しかしこれは正常で病的なものではない。
3、病的な耳鳴りとは鼓膜などの中耳にはなんの異常もないのにある音だけが聞こえてくるなど、片方か両側に耳鳴りが症状としてでるものである。

スポンサーリンク

耳鳴りの原因としては
1、内耳の異常が原因の耳鳴り(感音性難聴やメニエール病)。
2、頚椎の異常が原因の耳鳴り(頚椎の歪み、ムチウチ、頚椎の圧迫)。
3、中枢神経が原因の耳鳴り(聴神経腫瘍、脳動脈硬化、動脈瘤)
4、心因性の耳鳴り(不安、ストレス)が考えられる。
症状としては特定の音がうるさく聴こえ、片方かまたは両側で一時的または持続的に鳴ったり、めまいや頭痛、吐き気や嘔吐などである。
すぐ治る一過性のものであればいいが、持続的に聞こえるものは難治性である。
早めに病院に行ったり、耳鳴りと上手な付き合い方を見つけるのが良いでしょう。
以上耳鳴りの原因と症状とは?でした。

耳鳴りを少しでも緩和させたい人はこちら

 

スポンサーリンク