耳鳴り キーン 静かなところ 原因

静かなところでキーンという耳鳴りがする原因

スポンサーリンク

今回は静かなところでキーンという耳鳴りがする原因というテーマで話をしていこうと思います。
めまいや耳鳴り、難聴といったものは自律神経が乱れている時に感じることが多い症状の一つです。
キーンという高音の耳鳴りは高齢者に多く、歳を重ね加齢とともに現れてくることが多い症状です。
聴力が低下し、聞こえなくなった音域の音が耳鳴りとして聞こえてくるようです。
それが静かなところでキーンという耳鳴りがする原因であることがあるようです。
老人性難聴や突発性難聴、ストレスや睡眠不足で体調が崩れてしまった時に一時的に聞こえることがあるそうです。
突発性難聴は突然片方の耳だけが聞こえなくなる症状で、現在のところ詳しい原因が分かっていません。
悪化すると治療が困難になるため、対策としてはなるべく早く病院にいく事が最大の治療への道になります。

スポンサーリンク

静かなところでキーンという耳鳴りがする特徴としては、自分にしか聞こえない、慢性的に起こっている、他に思い当たる病気がない、というのが特徴としてあります。
実は普段から聞こえてはいるけれど、静かなところに行くと更に大きく聞こえるため、静かなところへいくと聞こえると訴える人がいるようです。
しかし、一時的なものですぐに治まってしまうため、病院には行かず何の対策もしてない人が多いようです。
いままではさほど気にならなかった音がある日を境に気になるようになってしまい、夜中も寝れなくなってなってしまい、不眠症やうつ病になってしまう人もいるようです。
全国に静かなところでキーンという耳鳴りがする人は約300万人程いるといわれています。
また、妊婦の方も静かなところでキーンという耳鳴りがする人もいて、訴えることがあり、それは血流の流れが悪くなるためといわれています。
症状が軽いからといって軽視せずに、まずは気軽に病院に行くのが良いでしょう。
以上、静かなところでキーンという耳鳴りがする原因についてでした。

耳鳴りを少しでも緩和させたい人はこちら

 

スポンサーリンク