耳鳴り 音 種類

耳鳴りの音や種類について

スポンサーリンク

今回は耳鳴りや音の種類について話していこうと思います。
耳鳴りの音や種類は一体どんなものがあるのでしょうか?みていきましょう。
一般的に耳鳴りの聞こえ方は『キーン』や『ピー』と聴こえるものが多くを占めます。
そしてだいたいすぐに治まるので、その場合はそこまで心配をしなくても大丈夫なものです。
耳鳴りの全体像を示す医学的な根拠がないのですが、人間が生理的バランスをとろうとして起こる症状の一つで、一時的に聴こえるものだと考えられています。
ですが、その耳鳴りが一時的なものではなくて、長期的に聴こえるものだと少し問題があったり、その耳鳴り自体がストレスになってきます。

スポンサーリンク

耳鳴りの種類を区分すると、他覚的、生理的、病的に分類されます。
他覚的耳鳴りは、耳の周りの筋肉や関節、血流の音が聞こえるものです。
生理的耳鳴りは、防音室や夜静かなところで音がしないにも関わらず聴こえるものです。
病的な耳鳴りは鼓膜や内耳には問題がないのに、セミの鳴き声のような音が聞こえるものです。
耳鳴りの音の種類は色々あり、その中でもセミの鳴き声のような『ジー』とか『チー』や、金属音のような『キーン』、電子音のような『ピー』といった音が主に耳鳴りの音として多く聴こえるものになっています。
そのほかには重低音のような『ブーン』や『シャー』というような空間音、『ゴー』というような風をきるような音、『ジャー』という水流音、『ブクブク』という痙攣音、『ドクンドクン』という拍動音、『ピロピロ』という異次元音、や音楽のような音が聞こえてくる耳鳴りもあります。
以上、耳鳴りの音や種類についてでした。

耳鳴りを少しでも緩和させたい人はこちら

 

スポンサーリンク