耳鳴り 低音 ブーン

ブーンという低音の耳鳴りがする…

スポンサーリンク

今回はブーンという低音の耳鳴りがする…というテーマで話していこうと思います。
耳鳴りの表現は人によって異なります。
ブーンという低音の耳鳴りがするのはどんな場合なのでしょうか?みていきましょう。
実際には鳴っていないので他人には聴こえなかったり、表現が難しかったりします。
音は一定で波はあまりありません。
耳を塞ぐと音が小さくなるのも特徴です。
低音性の耳鳴りは耳の中の蝸牛周辺のリンパの流れが関係していることがあります。
蝸牛周辺が腫れると、めまいを起こしたり、正常に音を感じることができなかったり、音を正常に脳や神経に伝えることが困難になったり、誤った信号を音としてとらえてしまうこともあるようです。
以上のように、ブーンという低音の耳鳴りの原因の大部分はストレスといくつかの病気が考えられます。
低音性難聴の治療はストレスの緩和と病気の根本治療が基本です。

スポンサーリンク

高音は低音に比べて耳につきやすいので、耳鳴り自体がストレスとなって悪循環を起こしやすく、治療も困難な場合が多いです。
ストレス以外では、メニエール病、低音性難聴、耳狭窄などの病気があります。
次は近年多く発症している人が多い、低音性難聴についてみていきましょう。
主な症状は低音の耳鳴り、耳の閉塞感、低音の難聴があります。
耳の中にある蝸牛周辺のリンパ管が腫れることによって、起こると考えられています。
ストレスやホルモンの乱れが原因であることが多く、女性に多いとされていますが、男性にもみられます。
低音の耳鳴りや難聴を感じた場合は早めに病院の受診をお勧めします。
治療が遅れると、聴力を失ってしまったりと、大変なことになってしまうかもしれません。
以上、ブーンという低音の耳鳴りがする…でした。

耳鳴りを少しでも緩和させたい人はこちら

 

スポンサーリンク