耳鳴り 低音 響く

低音が響く耳鳴り、その対処法とは?

スポンサーリンク

今回は低音が響く耳鳴り、その対処法とは?というテーマで話をしていこうと思います。
皆さんは低い音が響くような耳鳴りを経験したことがありますか?
その音自体がストレスで、さらにストレスを溜める原因にもなってしまうこともあるようです。
それではみていきましょう。
低音で響く耳鳴りは『急性低音障害型感音難聴』の可能性があります。
これは耳の中のに水が入った時のようにゴーっというような低音が響く音が伴う難聴です。
耳がつまったような感じにはなるものの、全く聞こえなくなるわけではないので、そのままにしておいたり、気づかなかったりすることが多いようです。
この難聴を発症してしまう原因はストレス、睡眠不足、体調不良、疲労の蓄積などが考えられます。
女性に発症しやすいものみたいですが、ストレスが多かったりして、体調不良を起こしたり、睡眠不足が原因になっていることが多いようです。
また妊娠中などは、血液循環が悪くなったりするので、耳の中の蝸牛という器官に血液が回らなくなり、血行不良を起こして難聴になるケースもあるようです。
これらが低音が響く耳鳴りの原因であることが多いようです。

スポンサーリンク

次は低音が響く耳鳴りの対処法について話していきます。
難聴を発症しないようにするには、やはり一番効果があるのは、ストレスをなくすことです。
そのためには軽い運動を毎日の生活習慣のなかに入れることや、しっかりと睡眠時間をとることが大切です。
軽い運動をするだけでも血液の循環がよくなりますし、体が疲れるので、良く眠れるようにもなります。
質の良い睡眠が特に大切で、寝る前の二時間前には食事をとらないようにするとか、寝る前はケータイの使用をなるべく控えて、脳を興奮させないようにする等の対策が効果的です。
眠れなかったり、眠りが浅かったとしても、横になっているだけでも、体は休まるので、眠れなかったとしても、横になる時間だけでも確保しておくのが得策です。
また、仮眠は15分程度が一番効率が良いようです。
以上、低音が響く耳鳴り、その対処法とは?でした。

耳鳴りを少しでも緩和させたい人はこちら

 

スポンサーリンク