耳鳴り 寝起き 原因

寝起きの時耳鳴りがする原因とは?

スポンサーリンク

今回は寝起きの時耳鳴りがする原因とは?というテーマで話していこうと思います。
寝起きの時耳鳴りがする原因とは一体どのような原因なのでしょうか?みていきましょう。
考えられるのが血圧の関係であったり自律神経の乱れが考えられます。
前日の夜に、次の日のことを考えてストレスに感じることがあると思いますが、こういったこともあまりよくありません。
朝起きるのも低血圧だから辛く感じる人もいるのではないでしょうか。
血圧だけをみると低血圧の人よりも高血圧の人の方が耳鳴りの症状を訴える人は多いようです。
耳鳴りは耳周辺の病気が絡んでいることがあります。
たとえば『ドクンドクン』や『ザーザー』というった音が聞こえる場合は耳周辺の血管が圧迫されている可能性があります。
重症にならないうちに早めに耳鼻科等でみてもらいましょう。

スポンサーリンク

耳鳴りは他にも原因があります。
筋肉が関係していたり、血管だったり、心因性のものまで様々な原因があります。
耳鳴りの原因の一つに血管性のものがあり、血圧と関係しています。血圧が高い状態が長い間続いてしまうと、耳の周りの血管が血圧によって固まってしまいます。
耳の周辺の血管が固まってしまうと、その血管を流れている血液が流れにくくなってしまいます。
それが朝起きる時に耳鳴りを生じさせるのかもしれません。対処法としては、適度な運動を心がけましょう。
運動には有酸素運動と無酸素運動があります。有酸素運動は、文字通り酸素を体内に取り込みながら行う運動のことを指します。
たとえば水泳やサイクリング、ウォーキングなんかが当てはまります。
無酸素運動は酸素を一時的に取り入れないで行う運動のことです。
腕立てや懸垂、重量挙げ等があげられます。
血圧が高い場合、一気に血圧が上がってしまう無酸素運動は避け、水泳などの有酸素運動を取り入れてください。
まずは自分でできることから始めましょう。
以上、寝起きの時耳鳴りがする原因とは?についてでした。

耳鳴りを少しでも緩和させたい人はこちら

 

スポンサーリンク